おすすめ本の輪

小説のレビューというか書評的な読書感想文みたいなのを書いてきます。

*

『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦 私的無人島にもって行きたい本1位

      2017/03/19

書評的な読書感想文001

『夜は短し歩けよ乙女』(文庫) 

おすすめ度☆☆☆☆☆(星数別索引&説明

森見登美彦(作家別索引

角川文庫  2008年12月 

ファンタジー 恋愛(ジャンル別索引

 

 

おすすめポイントを百文字で

キャラクターが変。文体が変。ストーリーも変。けれどもそれが癖になる。キュートで天真爛漫な黒髪の乙女が珍事件を巻き起こす、ちょっと不思議で愉快な冒険恋愛ファンタジー。私的無人島にもって行きたい本1位。

 

 

あらすじ

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する”偶然の出会い”にも「奇遇ですねえ!」というばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。(作品紹介より)

 

 

ジャケ買い

みなさんは、まったく読んだことのない作家を初めて読むとき、どういったきっかけでその本を手に取りますか。友人の紹介、映像化などで話題になったから、タイトルが気になったなど色々あると思います。

 

私がこの作品を手に取ったきっかけは、カバーの絵が気に入ったからです。いわゆるジャケ買いというやつです。調べてみると中村佑介さんという方が描いているのですが、かなり有名なイラストレーターさんのようです。『四畳半神話体系』や『謎解きはディナーの後で』などの表紙も手掛けた方です。

 

まあ、何が言いたいかというと、ジャケットが気になったというだけで買った作家さんが、「自己紹介がてら今好きな作家で打線を組んでみた」で五番に入るなんてきっかけなんてわからないものだなあと。    

 

 

変なのが魅力的

この小説の魅力のひとつが独特の文体です。物語は僕と黒髪の乙女の二人が交互に一人称で語る形式ですが、

その店はありとあらゆるカクテルが三百円で飲めるという、御財布への信頼に一抹の翳りある私のような人間のために神が与えたもうたお店だったからです。(P13)

といったやや時代ががった癖のある文体で話が進みます。

 

初めは読みにくかったのですが、慣れると独特のリズム感がありするする読めるようになりました。むしろ先輩の理屈っぽい割りにへたれた様子や、黒髪の乙女の天真爛漫でキュートな雰囲気が表されていて良い感じです。

 

もうひとつの魅力が独特のキャラクターです。天狗を自称し宙に浮くことがてきる、謎の人物樋口さん。叡山電車を積み重ねたような三階建の謎の乗り物に乗っている、お金持ちの高利貸しの李白さんなどザブキャラクターが物語を引っ掻き回して楽しましてくれます。

 

最後に独特のストーリーというか、もうこれは森見ワールドといってもいいのですがシュールで愉快な話がたまりません。 物語は四章で構成されて、どの章も面白いのですが(興味深いという意味でも、笑えるという意味でも)、私的には三章の学園祭の話が一番お気に入りです。

 

初めての学園祭に興奮気味にあちこち見て回る黒髪の乙女とストーカーのごとく後を追いかける先輩。黒髪の乙女はごはんVSパンの論争に、「ビスコを食べれば良いのです!」と主張したり、秘宝館に入ろうとするも追い出されたりします。いつの間にか偏屈王というゲリラ演劇の主役になったりします。大きな緋鯉のぬいぐるみを背中にしょって、ダルマの首飾りをして、妖怪呼ばわりされたりもします。

 

これだけ荒唐無稽なのに、黒髪の乙女のキュートさは損なわれておらず、最後にはご都合主義とセルフつっこみしつつ、さまざまな伏線を上手くまとめています。    

 

 

まとめ

はじめの「おすすめポイントを百文字で」のところで冒険恋愛ファンタジーと紹介しました。なぜ冒険恋愛などという変なジャンルにしたかというと、恋愛要素を担っているのは半ばストーカー化している先輩だけで、黒髪の少女は京都の街を自由気ままに冒険しているだけなので冒険恋愛ファンタジーとしました。こんなつかみどころがないところもこの作品の魅力といえます。

 

 何もかもが独特の世界観をかもし出しているこの作品ですが、この文体に慣れてしまえば笑えてちょっと泣けてます。さらには、黒髪の乙女のキュートさ(たとえば大きな緋鯉のぬいぐるみを背中にしょって、ダルマの首飾りをして、妖怪呼ばわりされることとか)が個人的にはつぼなので、何度でも読み返せるという意味で「私的無人島にもって行きたい本1位」になりました。当然おすすめ度は最高評価の星5つです。

森見登美彦さんの他の作品

作家別索引

恋愛の他の作品

よろしかったらクリックお願いします。

 

 - ☆☆☆☆☆ , ,