おすすめ本の輪

小説のレビューというか書評的な読書感想文みたいなのを書いてきます。

*

『海街diary』 吉田秋生 覆面饅頭がうまい

      2016/01/28

おすすめマンガ004

『海街diary』(既刊7巻) おすすめ度☆☆☆☆☆

吉田秋生(おすすめマンガ) 小学館フラワーコミックス 2007年5月~

 

 

おすすめポイントを百文字で

離れて暮らしていた姉妹が家族なって、失敗して、成長して、恋する姿が大げさでもドラマチックでもなく描かれていて、じっくり楽しめます。姉妹が住んでいる鎌倉の名所や風景や銘菓が出てくるのもうれしいですね。

 

 

あらすじ

鎌倉に住む三姉妹と、彼女達と一緒に鎌倉に住むことになった中学生の異母妹の「すず」。四人の姉妹が家族として生活し、それぞれが仕事や学校生活で失敗したり、成長したり、失恋したりする様子を主人公のすずを中心に描いた物語です。

 

 

家族になる

鎌倉に住む三姉妹と異母妹の「すず」が初めて出会うのは、四人の父親の葬儀です。父親は15年前に三姉妹とその母を置いて、すずの母親と駆け落ちしてしまいます。その後、すずの母親も亡くなり、再々婚した直後に父親が亡くなります。葬儀が終わった後、三姉妹の長女幸がすずに一緒に鎌倉に住まないかと提案し、四人は父親の49日を待って一緒に住むことに。

 

四人が一緒に住み始めて、一年近くたったときのこと。姉妹の大叔母がすずに尋ねます。

 

「今まで暮らしてみてどうなの?本当にこの人たちとやっていけるの?」(2巻P163)

すずは答えます。

「(前はさびしかったけど)今はぜんぜんさびしくないです 女子寮の一番下っぱってかんじで」(2巻P164)

ここのやりとりが好きですね。普通の姉妹とはちょっと違うけどしっかり絆でつながっている感じが。これも家族なのかなって思います。

 

ちなみにこのセリフが、最新刊の7巻で効いてきます。ちょっとしびれます。

 

 

失敗して、成長して、恋をする

29才の長女を筆頭に中学一年のすずまで、四人の姉妹なので仕事や学校生活でも色々あります。

 

だめだと思っていた後輩のナース(長女はナース)が患者の気持ちを自分よりわかっていることに気がついてへこんだり、同じサッカークラブの友達(すずはサッカーがうまい)が足を切断しなければならなくなったり。

 

恋もすれば失恋もします。四人の日常が丁寧に書かれているので、何度も読み返してじっくり楽しめます。

 

 

俺的海街diary鎌倉観光コース

この物語は鎌倉を舞台にしています。なので、鎌倉の観光スポットや鎌倉で有名なお菓子などがちょいちょい出てきます。マンガに出てきた場所をめぐってみるのも楽しいって事で、俺的海街観光コースを勝手に考えました。

 

江ノ電極楽寺駅下車【四姉妹のお家があるので良く出てきます。3巻の表紙もここの近く】

 

→極楽寺【映画のロケで使われました】

 

→極楽寺切通し【長女の幸がこんなの作ったのは誰と怒った山を削った坂道。極楽寺方面から行けば下りです】

 

→力餅屋【すずがお気に入りの覆面饅頭と三女千佳お気に入りの力餅がある】

 

→御霊神社【神社の目の前の踏み切りですずの友達にあることがおきます】

 

鎌倉大仏殿高徳院【すずちゃん初のおデートスポット、でも2016年1月から2ヶ月ほど掃除のため拝観不可だそうです。】

 

こんな感じでどうでしょう。

 

 

最新刊7巻発売中

四姉妹の恋の歯車が動き出し、すずの進路も決まります。物語り全体の起承転結でいえば「転」にあたる気がします。これすなわち、物語が「結」に向かっているともいえるわけで。まだまだ続いて欲しいような、ダラダラとせずにスパッと終わってほしいような、今から複雑な気分です。

 

 

映画も見ました

最近DVD化しましたが、私は公開初日に映画館で見ました。監督が原作をリスペクトしているのがわかるのがよかったです。原作を無茶苦茶にはしてませんので安心してください。正直、原作好きからしたら、ちょっとダイジェスト感があるなって思いますが、マンガのシーンを思い浮かべつつ楽しめました。

 

また、マンガだと心の中で思ったこともふきだしで書くことができるけど、映画だと基本的に役者さんの演技で表現しなければいけないので、大変だなって思いながら見たのを覚えています。原作が心の中で思ったことをうまくふきだしにしているので、映画との違いが際立ちました。

 

 

書評的な読書感想文のまとめ 

この文章を書くために作者の吉田秋生さんのことを調べたのですが、作者の吉田さん59歳だそうです。年齢でどうこう言うのは失礼だと思うのですが、59歳の方がこんなみずみずしい話を書けることに衝撃を受けました。

 

鎌倉の住む四姉妹がとてもみずみずしく何度でも読み返して楽しめるのでおすすめ度は星五つです。

 

 

よろしかったらクリックお願いします。

 

 - おすすめマンガ