おすすめ本の輪

小説のレビューというか書評的な読書感想文みたいなのを書いてきます。

*

『探偵はひとりぼっち』 東直己 第二弾映画の原作

   

書評的な読書感想文244

『探偵はひとりぼっち』(文庫)

おすすめ度☆☆☆☆(星数別索引&説明

東直己(作家別索引

ハヤカワ文庫 2001年11月

ハードボイルド サスペンス(ジャンル別索引

 

 

おすすめポイントをほぼ百文字で

周囲から孤立し、圧力をかけられても調査を諦めない主人公の負けん気が気持ちいいです。このキャラの妙な正義感が好きです。また、事件の真相に驚かされ、ラストでさらに驚かされ、早く次の巻が読みたくなりました。

 

 

 

あらすじ

みんなに愛されていたオカマのマサコちゃんが、めった打ちにされて殺された。若いころに彼と愛人同士だったという北海道選出の大物代議士が、スキャンダルを恐れて消したのではないかという噂が流れはじめる。マサコちゃんの友人だった俺は、周囲が口を閉ざすなか調査に乗りだした。やがて、身辺に怪しげな男たちが現われ、奇怪な事件が……日本推理作家協会賞受賞作家が描く、軽快なハードボイルド・シリーズ第4作。(作品紹介より)

 

 

『探偵はバーにいる』のススキノ探偵シリーズ第四弾

『探偵はバーにいる』と以前紹介した『バーにかかってきた電話』『消えた少年』の続編で、シリーズ第四弾です。また、以前紹介した『向う端にすわった男』はこのシリーズの短編集なので、シリーズのナンバリング外のようです。

 

今作では、『消えた少年』にでてきた教師の春子が主人公の俺の恋人として出てくるので、『消えた少年』をよんでからこちらを読んだほうが楽しめます。

 

 

テーマは孤独

物語は俺の飲み仲間でオカマのマサコちゃんが殺されたところから動き出します。事件に大物政治家の関与がうわさされ、警察には圧力がかかっている様子で、町の人々も事件に関して口を閉ざします。けれど、俺はススキノで孤立し、妨害を受けるも友達のマサコちゃんの無念を晴らすため調査に奔走します。

 

政治家の圧力にびびったススキノの仲間たちからはそっぽを向かれ、頼みの綱の空手の達人・高田は早々に怪我で入院してしまい、主人公の俺はタイトルの通り「ひとりぼっち」になってしまいます。ただ、そんな状況でも

「(管理人注:そっぽを向いた友人のセリフ)トラブルはみんな嫌いなんだよ」

「(管理人注:主人公・俺のセリフ)やっぱりな。それで、謎が解けた」

「どんな謎だ?」

「俺、小学校の頃から、不思議だったんだ。もしかしたら、俺はみんなとは違う人間なんじゃなかってな。今、確信できたよ。おれやっぱり、みんなとは違うんだ」(P184)

なんて、いつもの軽い口調で冗談めかしてはいるけど、断固として圧力に反抗しています。主人公の魅力的なキャラクターが読みどころのひとつであるこのシリーズですが、今回は孤立してもくじけない負けん気と悪を許さない正義感が魅力的に描かれています。なので、読んでいて主人公のことを応援したくなる作品になってます。

 

 

衝撃の真実とさらに衝撃のラスト

ネタバレになるので多くは語れませんが、終盤で意外な真相が明かされます。ちょっと唐突に真相が分かってしまう感じはありましたが、基本的には割と納得できました。また、上にも書いた物語のテーマの「孤独」が事件の真相を理解するキーにもなっていて、ちょっと考えさせられる真相です。

 

ただ、私が衝撃を一番受けたのは物語の本当に最後の部分です。今回のテーマの「孤独」の真逆のできごとで、次回作で俺がどう決着をつけるか非常に気になります。

 

映画『探偵はBARにいる2 ススキノ交差点』の原作

今回の作品は映画の『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 通常版 [DVD]』の原作になっています。映画も見たのですが基本的なストーリーはほぼ同じです。ただ、小説ではタイトルからもわかるとおり主人公の俺は孤独ですが、映画版では映画オリジナルキャラのヒロインと高田が俺と行動をともにします。

 

原作のまま主人公の俺役に大泉洋さんが一人で右往左往していても映像的には見栄えがしないので、アクション担当の高田と華やかさを加えるヒロインの尾野真千子さんを登場させたのは正解だと思います。小説と映画の違いを意識した上手い改良です。

 

肝心の映画の内容ですが、迫力ある映像と、オリジナルキャラのヒロインの隠されたストーリーという映像オリジナル要素が上手く生かされているので原作が好きな人は、違いを見比べる意味でも見ることをおすすめします。

 

 

書評的な読書感想文のまとめ

安定の面白さです。主人公の仲間に対する思いがほとばしっているところが特にお気に入りなのと、次回は今回の話を踏まえてどうなるか気になるってことで、おすすめ度は星四つです。

よろしかったらクリックお願いします。

 

 - ☆☆☆☆, 映像化(映画・ドラマ・アニメ)作品 , ,