おすすめ本の輪

小説のレビューというか書評的な読書感想文みたいなのを書いてきます。

*

『魔剣天翔』 森博嗣 今回は保呂草回

   

書評的な読書感想文228

『魔剣天翔』(文庫)

おすすめ度☆☆☆(星数別索引&説明

森博嗣(作家別索引

講談社文庫 2003年11月

サスペンス ミステリー(ジャンル別索引

 

 

おすすめポイントをほぼ百文字で

今回は保呂草が活躍する回。相変わらず胡散臭いことしていて、スパイものの様なスリルがあります。トリックは二人の飛行機の密室に謎の魔剣とけれんみがあって楽しめました。飛行機の描写が詳しいのは作者の趣味か。

 

 

あらすじ

アクロバット飛行中の二人乗り航空機。高空に浮ぶその完全密室で起こった殺人。エンジェル・マヌーヴァと呼ばれる宝剣をめぐって、会場を訪れた保呂草と無料招待券につられた阿漕荘の面々は不可思議な事件に巻き込まれてしまう。悲劇の宝剣と最高難度の密室トリックの謎を瀬在丸紅子が鮮やかに触き明かす。(作品紹介より)

 

 

Vシリーズ第五弾

瀬在丸紅子を主人公とした、いつもの四人組が活躍する「Vシリーズ」の第五弾です。この巻から読んでも楽しめるのですが、物語の人間関係がわかった方が楽しいと思うので、未読の方はシリーズを順番に読むのをおすすめします。

 

黒猫の三角』『人形式モナリザ』『月は幽咽のデバイス』『夢・出逢い・魔性』とほぼ毎回ちょっとだけ出てきていて、気になっていた人物が今回しゃべっていたのがうれしかったりしました。

 

 

今回は保呂草回

今作は保呂草の探偵業がクローズアップされていています。相変わらず胡散臭い仕事をしていて、今回は伝説の魔剣の行方を捜す仕事をするのですが、その過程で殺人事件に巻き込まれるは、スパイ映画のようなスリリングな展開になってしまうはで保呂草ファンはかなり楽しめる展開です。

 

また、今回は飛行機が物語のキーになっているのですが、不必要と思われるようなかなり詳しい描写があったりします。飛行機模型好きの作者の趣味が反映されてるので、同じ趣味の人は楽しめるでしょう。

 

 

密室とサイドストーリーの謎

今回のメインのトリックは飛行中の二人乗りの飛行機内で起きた殺人事件の謎になります。エキセントリックな仕掛けはなく、相変わらず理論的というか、理詰めにトリックが明かされるのは個人的にはすごく好きです。

 

また今作では、被害者の口の中に入っていた謎の物質やサイドストーリーの魔剣をめぐる謎などあちこちにけれんみあふれる仕掛けがあるのも楽しいです。森さんらしくすべての謎が完全に解決しきらないことも含めて個人的には楽しめました。

 

 

書評的な読書感想文のまとめ

安定して面白い「Vシリーズ」らしい作品です。劇的なのものではないのですが、シリーズが好きな人は絶対に楽しめるってことで星三つです。

よろしかったらクリックお願いします。

 

 - ☆☆☆ , ,