おすすめ本の輪

小説のレビューというか書評的な読書感想文みたいなのを書いてきます。

*

『アメリカひじき・火垂るの墓』 野坂昭如 ジブリ原作以外もいい

   

書評的な読書感想文165

『アメリカひじき・火垂るの墓』(文庫)

おすすめ度☆☆☆(星数別索引&説明

作者名(作家別索引

新潮文庫 1972年1月

戦争 純文学(ジャンル別索引

 

 

おすすめポイントを百文字で

独特の文体と、主人公の今と終戦前後の回想を行き来する構成が特徴的です。戦争が主人公の今に与える影響がわかり、考えさせられます。ジブリ映画の原作で有名ですが、アメリカひじきなど他の作品も印象的。

 

 

あらすじ

昭和20年9月21日、神戸・三宮駅構内で浮浪児の清太が死んだ。虱だらけの腹巻きの中にあったドロップの缶。その缶を駅員が暗がりに投げると、栄養失調で死んだ四歳の妹、節子の白い骨がころげ、蛍があわただしくとびかった――浮浪児兄妹の餓死までを独自の文体で印象深く描いた『火垂るの墓』、そして『アメリカひじき』の直木賞受賞作の二作をはじめ、著者の作家的原点を示す6編。(作品紹介より)

 

 

ジブリ映画の原作で直木賞受賞作

ほんとにたまたまなのですが、今の時期にあったこの作品。作者の野坂昭如さんといえば、去年末にお亡くなりになった方で大島渚さんと殴り合いにをしている映像で有名な人。野坂さんは多彩な方で、「おもちゃのチャチャチャ」やハトヤのCMの作詞や歌手や放送作家、タレントなどでも活躍したそうです。

 

ご本人の体験を基にしたこの作品、表題作の一つ「火垂るの墓」はジブリ映画の原作として有名で、直木賞受賞作品です。

 

 

独特の文体

今作は戦争をテーマにし六つの短編からなりますが、なにより特徴的なのはその独特の文体。助詞や助動詞が微妙に省略されていて独特のリズム感というか手触りがあります。

八月に入ると、連日艦載機が来襲し、清太は空襲警報発令を待って、盗みに出かけた、夏空にキラキラと光り彼方とみるうち、不意に頭上に殺到する機銃掃射の恐怖に、家人すべて壕へ首をすくめるそのすきをねらい、あけっぱなしの門から台所へ忍び手当たり次第にかっぱらう、八月五日夜には西宮中心部が焼かれ、さすがにのんびりした満池谷の連中もふるえ上がったが、清太にとっては稼ぎ時、(後略)(P36,37)

ちょっとこの文体が苦手な人もいるかもしれませんが(特に映画のイメージが強い人は)、慣れると結構読みやすく感じました。

 

 

主人公の今と終戦前後

どの短編も物語の時間軸が二つあります。一つは主人公の今です。もう一つが太平洋戦争の終戦前後になります。

 

主人公が今の時点から、終戦前後の出来事を回想し今と過去を行き来することで、戦争が主人公の今にどう影響しているかがわかります。感想は人それぞれだと思うので読んで考えてほしいのですが、戦争について考えさせられる作品であることは間違いありません。

 

 

「アメリカひじき」

「火垂るの墓」と共に直木賞を受賞した作品。思春期に終戦を迎えた主人公が、二十年以上たったある日、日本へ旅行に来た妻の友人のアメリカ人男性をもてなす話。30歳を過ぎた主人公が、60歳前後の終戦時に進駐軍として日本に来たこともあるアメリカ人男性をもてなしているうちに、終戦前後のこと思い出し、コンプレックスに苦しむ話。

 

思春期に終戦を迎えた主人公の、アメリカ人に対する反発とコンプレックス具合が絶妙に表現されていて、印象に残る作品です。個人的には、この主人公のようなコンプレックスは連綿と日本人に受け継がれていて、その呪縛はいまだに解けきれていないような気がしました。

 

 

「死児を育てる」

個人的に一番印象に残った作品。幼い姉妹で疎開先の家に世話になっているが、邪魔者扱いされ肩身が狭い思いをしながら、終戦間際を生きる話。私は勝手に裏「火垂るの墓」と読んでいます。

 

こちらは姉妹ですが、疎開先の家に疎まれ二人で何とか生きようとする設定が似ています。ただ、「裏」といったのは、「火垂るの墓」では清太が妹の節子を可愛がるのですが、こちらはとにかく妹を疎ましく思い、主人公の姉は妹の食べ物を奪ったりしてしまいます。

 

そうやってすごした終戦間際の時代が、主人公の今にどう影響を与えたかは読んで確かめてほしいのですが、かなりインパクトのある作品です。

 

 

書評的な読書感想文のまとめ

別に道徳的な結論を出す必要はないと思いますが、戦争を体験した作者が、戦争がどういった風に人に影響を与えるかを書いた作品なので、色々な人が読んで各々勝手に心の中で感想を考えればいいのかなって思います。

 

独特の文体なので好みが別れるところですが、立ち読みでもしてこの文体が苦手じゃない人にはおすすめってことで、星三つです。

よろしかったらクリックお願いします。

 

 - ☆☆☆ , ,